img_02

銀行での残念な対応について

私には1歳の息子がいます。そして、まだ息子が生後半年も満たない頃でしたが、私はベビーカーを押して銀行に支払いに行ったことがあります。

無利息のキャッシングに関するご質問を解決いたします。

私はまだ乳児連れの外出になれず、ドキドキしながら銀行に行きました。

本来なら、コンビニで支払えばいいものだったのですが、コンビニまでが少し遠かったので近くの銀行で支払いを済ませようと銀行に行ったのでした。



ちょうどお昼の時間にかかっており、銀行内は混んでおりました。
内心、待つから嫌だなと思いつつ待っておりました。

ですが、なかなか順番になりません。

息子はそう何分も待ってられません。


寝てればいいのですが、起きてグズグズ言いだし、私も周りに泣き声が聞こえないかと気になってしまいます。
もう帰ろうかなと何度も思いましたが、今支払ってしまいたいし、せっかくここまで待ったし、もしかしたらもうすぐなのではと頑張って待ったのですが、なかなか順番にならずで、息子も限界になってきたので、私達は待つのを諦めてその銀行を出ることにしました。



ああ、これは授乳かオムツだなと思い帰ることにしました。


ここで驚いたのが、あれだけ待ってたのに、銀行員皆でありがとうございましたと言われたことです。息子も泣いたりで、銀行員もそういう客が待ってるというのが分かってるはずだと思ってました。

ありがとうございましたと言われたときに、まるでこの忙しい中諦めて帰ってくれてありがとうございますと言った感じに聞こえて不快に思えてきました。
待ってた時間は20分です。せめて、お待たせして申し訳ありません、またよろしくお願いしますとかの言葉はないのだろうかと思ってしまいました。
マニュアル接客だなと思えてしまいました。

これが、新人がうっかり言ってしまったならまだしも、支店長クラスの人も口を揃えて言ってたのには驚きました。
近い銀行でしたが、もうここには行かないと思えてしまいました。

忙しくなると人は心を失くしてしまいがちです。

ですが、待ってた人で待ちきれなくて帰ってしまった人ほどフォローすべきなのではと思えてしまいます。私も、以前は販売職をしており、セールの時期はお客様が待ちきれず帰ってしまったこともあります。

いつもフォロー出来なかった自分たちを反省することが多かったです。それを今回は想い出しました。